家電の買い取りについて

家電の買い取りについて

引越しや新規の買いかえで、現在使用している家電が不用になった場合、どうしますか?現在の日本では、それほど悩む問題でもありません。皆様ご存じのように、日本には全国に不用品買い取り業者、リサイクルショップがあります。たとえ大型家電であってもこのような業者であれば出張査定も行っています。ただ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビについては「家電リサイクル法」という法律で定められているとおりのリサイクル料金や、引き取りと運搬にかかる費用を払わなくてはなりません。
 

不要な家電が複数あるなら、まよわずリサイクルショップ

不要な家電が複数あるなら、リサイクルショップに買い取り査定をお願いするのが良いでしょう。リサイクルショップの場合、レスポンス良く対応してくれるところが多いので、急ぎで処分したい場合はひじょうに向いています。また、家電以外にも売りたいものがある場合も向いていると言えるでしょう。リサイクルショップは、服から家具まで、より幅広い商品を扱っていることが多いからです。
 

家電買い取り、重要なのは「製造年」と「製品状態」

通常、買い取り対象となる家電製品は、製造から5年程度が目安になります。これ以上の年数が経っている場合、必ずしも買い取り対象にならないわけではありません。しかし、買い取り価格の低下や無料回収という形になる可能性はあります。
 
また、買い取りを依頼する場合は、製品状態についても考慮する必要があります。経年劣化が大きい製品は引き取りが難しくなりますし、たとえ新しい商品でも壊れていては買い取ってもらうことが難しくなるでしょう。ただ、無料回収や有料回収の形で引き取ってもらうことは、多くの場合で可能です。
 

なぜ買い取りは製造から5年程度なのか?

これは製品の寿命に関連しています。多くの電化製品、特に白物家電の寿命の目安は7年から8年程度です。ただ、この目安はあくまでも一般的な製品の場合で、特に人気があるモデルや希少価値のある製品については、たとえ5年以上の年数が経過していたとしても買い取ってもらえる可能性はあるでしょう。
 

白物家電の製造年の確認方法

白物家電の場合、製造年は必ずどこかに記載があります。
 
たとえば、
 
冷蔵庫: 庫内、扉の裏側
洗濯機: 本体の背面や側面
エアコン: 本体側面や下面
 
などといった具合です。もしも見つからない場合は、電源コードなどに何らかの記載があることが多いようです。
 

高値で買い取ってもらうために

リサイクルショップに家電を高値で買い取ってもらうために大切なこと。それはきれいに大事に使うことです。キズがついていたり、汚れがこびりついていたりする家電では、査定価格も上がりません。以下のポイントは必ず押さえておきましょう。
 
  • 有名メーカーの製品
買ってしまってからではどうにもならないことですが、やはり家電の買い取り査定は有名メーカー、人気メーカーの製品が圧倒的に有利です。売る可能性があると思っているなら、有名メーカーの製品を買うようにするといいでしょう。
 
  • 保証書や説明書
電化製品の保証書や説明書は大切に保管しておきましょう。購入した店舗のスタンプがしっかり押してある保証書ならパーフェクトです。これらがそろっているだけで買い取りの際に有利になります。保証書や証明書は、製品を購入したら保管場所をきめて管理することが大切です。
 
  • 大事にきれいに使う
「もう遅い」という方も多いかと思いますが、なるべく電化製品はキズや汚れをつけないように気をつけて使いましょう。たとえばスマートフォンであれば、
 
「スクリーンプロテクターを使う」
 
ことが考えられます。
 
また、テレビなどの大型家電なら、使わないときはカバーをかけたり、こまめにホコリをはたいたりという作業をしつつ、汚れやキズがつかないように努力しましょう。また、小さいお子様がシールを貼ったり、ペットがひっかいたりということも考えられますので、ぜひ注意してください。たばこのヤニも要注意です。特にしつこい汚れがついていたり、キズが目立っていたりする家電は、安い買い取り価格や、買い取りを断られてしまうことにもつながりかねません。
 

査定の前にクリーニング

どんなに新しい家電であっても、なるべくきれいな状態にクリーニングして査定に備えましょう。特に冷蔵庫や電子レンジなどは、内部の臭いなどもしっかり消しておくようにしましょう。汚れや臭いは直接買い取り価格に反映される要素です。
 

なるべくまとめて買い取りを依頼

リサイクルショップに家電製品などの買い取りを依頼する際は、なるべくいくつかの製品をまとめて査定してもらうことをおすすめします。セットとして使うようなもの、たとえば「テレビ+ゲーム機」「電子レンジ+冷蔵庫」などは、単体で査定してもらう場合よりも買い取り価格が良くなる傾向にあります。
 

同じ製品の相場をネットオークションなどで確認

査定の前に、同じモデルの製品がどのぐらいの値段で取引されているのか、オークションサイトなどで確認しておきましょう。
 

チェーンのリサイクルショップは買い取り価格が高め

街にある個人経営のリサイクルショップよりは、チェーン展開しているリサイクルショップの方が買い取り価格は良い傾向があります。これは一概には言えませんが、買い取りの数自体、大規模チェーンの方が圧倒的に多いからだと考えられます。
 

使わないのであれば、売ってしまう

5年程度が目安の買い取りですから、使わないものであれば売ってしまうのが賢い判断です。家電は新しいモデルほど査定価格も良いため、使わないのであれば早めに売ってしまいましょう。
 

白物家電は高値で売れる傾向に

家電の中でも高値で買い取ってもらえる傾向にあるのが、いわゆる「白物家電」です。「冷蔵庫」「洗濯機」「電子レンジ」などですね。
 

音響機器や美容家電に注目

白物家電以外だと音響機器やコンピューター関連家電が人気です。「テレビ」「オーディオ関連機器」「DVDレコーダー」「ブルーレイ」「パソコン」「デジタルカメラ」「ゲーム機」などはひじょうに引き合いが強いと言えます。その他、「カーナビ」も高値で買い取ってもらえる可能性の高い製品です。美容家電はスキンケアやヘアケア関連製品が人気です。
 

衛生的に不安がある家電はあまり売れない

たとえば炊飯器などがこれに当たります。炊飯器は釜の中や蓋に、お米の粒や湯気がたまり、汚れやカビが発生しやすい製品です。きれいに使っていたとしても、人間の心理として「中古は避けたい」と思ってしまう家電は存在します。
 

リサイクルショップの出張買い取りシステムは上手に利用しよう

リサイクルショップの出張買い取りシステムは、ポイントを押さえて利用することが大切です。大切なポイントを押さえて利用することで、査定価格のアップを勝ち取ることができます。
 
製造から5年以内
 
というのは、目安としておいた方がいいでしょう。
 
事情があって不要になった製品でも、まだまだ使ってくれる人はたくさんいます。家電の場合、特に白物家電はかさばりますので自分で運び込むのはたいへんです。リサイクルショップの出張買い取りシステムを利用すれば、そんな大きな家電製品でも、都合の良いときに査定・引き取りに来てくれます。現在は中古品の流通も盛んですし、「断捨離」とまではいかなくても、不要なものを処分・リサイクルすることは、環境保護という観点でも大切なことです。


【滋賀】ロレックス買取

滋賀家電・ブランド出張買取

滋賀酒買取

滋賀工具買取 

滋賀金買取